2008年04月17日

死を感じる瞬間

また雨が降っている。
なにもかも洗い流してくれたらいいのにさ。


って、いきなり重いよな。俺。

別に落ちてるとかじゃなくて、なんか考えるよな。久々にさ。


実は親父が入院して、手術した。それも突然。

まあ、彼らしいというか、何も言わずに検査をして、腫瘍が見つかったらしく、そのままギリまで働いて、入院する前日に家族に話して、入院した次の日には手術を終えていた。

入院から手術まで、個室にすることまで全て自分自身で決めて、自分自身で結論をだした。

家族には考える暇も与えない感じ。うろたえることもなく冷静に。それはどうかわからないけどね。本人しか。まあ、そんな感じ。

俺の親父らしいとういか、彼の遺伝子を継いだ俺というか、多分俺もそうしたかもしれない。

でもあの休まず働く元気過ぎるぐらいの親父をみて育って、俺もそうしてるわけで、そんな親父が弱ったというか、死に近づいたことで、今は元気っていうか、多分。治ったはず。だけど死に一瞬でも近づいたことが考えさせられるわけで。

誰でも生きてる限り、いつか死ぬ。いつのまにか忘れてた。


だから親父に言った言葉は『死んだら死んだだな。』
精一杯の励ましの言葉。俺なりの精一杯。


とにかく俺の中で最も尊敬する人。憧れの人。追い抜くまでまだ生きててほしい。だけど神のみぞ知る。そんなことはわかってるけどまだ生きてほしい。



俺もいつ死ぬかわからないわけで、やり切らないと死んでも死に切れないな。

やんなきゃな。今異常に。親父を越えないと。死んじまう前にさ。
posted by TETSU at 22:37| Comment(33) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。